たくさんのタバコ

チャンピックス服用でタバコが不味くなるって本当?

タバコと灰皿

禁煙のための飲み薬であるチャンピックスを服用するとタバコが不味くなるといわれますが、不味くなるというよりは、タバコを吸った時の満足感が得られないといった方が適切な表現かもしれません。
タバコを吸うとタバコに含まれるニコチンが脳にあるニコチン受容体という部分に結合して、ドパミンという物質が放出されます。
ドパミンは気分を良くする働きがあるため、タバコが美味しく感じます。
チャンピックスは受容体に結合して、ニコチンより少量のドパミンを放出させることで、ニコチン切れになったときの不快感を抑える働きがあります。
また、チャンピックス服用中はタバコを吸っても、チャンピックスと受容体が結合することでニコチンと結合するのを妨害します。
ニコチンによるドパミンの放出はほとんどされないため、タバコを吸った時の満足感が得られないことになります。
タバコを吸った時の満足感が得られないことで、タバコが不味くなると思う人もいるかもしれません。
ちなみに、チャンピックスの服用期間は個人差がありますが、基本的には12週間といわれています。
禁煙する1週間から少量のチャンピックスを服用し、1週間後に禁煙を開始し、薬の量を増やします。
数週間経つと効果が出てきますが、薬によって、タバコを吸う気持ちが薄れてきているだけで、薬の服用をやめてしまうと、タバコを吸いたくなる症状が出てきます。
通院して医師の診断を受けて、服用しなくても大丈夫と診断されるまでは、自分の判断でやめるのは禁物です。
また、タバコを吸わなくても平気な状態になったとしても、なんとなくタバコを吸ってしまえば、元の喫煙者に戻ることもあるので、安易にタバコを吸うことは控えた方がよいといえます。

関連記事